デアンジェリス一家はローマ北部のチヴィタカステラ-ナという小さな村で、代々ヘーゼルナッツ(トンダジェンティーレローマン品種)を栽培しています。ヘーゼルナッツがこの地に伝わったのは古代メソポタミア時代。エトルリア人によって持ち込まれたと言われています。
1960年代に自家農園で有機栽培しているヘーゼルナッツを使ったチョコスプレッドの加工を始め、現在では子供たちがその味と伝統を受け継ぎ、栽培から生産まで行っています。道具は100年以上前から使い続けている臼や、ナッツ類を焼く回転式ドラム型オーブンなど。創業当時から変わらず非常にシンプルかつ伝統的技法で製造しています。 ナッツ類の加工にもこだわりがあり、一般的には205℃ぐらいの熱を加えるのに対して、デアンジェリス家では105℃の低温でじっくりと手間をかけ、ナッツの風味を損なわないように加熱をしています。 また仕上げのクリームを作りにも手間暇を惜しみません。乳化剤や安定剤に頼らず、ゆっくりと長い時間をかけて厳選された材料を混ぜ合わせています。
ボッテガバーチではヘーゼルナッツをふんだんに使用したプレーンタイプと、プレーンタイプに有機シナモンを加えたの2種類のチョコスプレッドをご用意しています。どちらも乳製品と砂糖不使用、しかもEUとJASの有機認定商品です。プレーンタイプの商品名”Under 18”は直訳すると“18歳以下”ですがお子さんでも安心して食べる事が出来るという意味合いが込められています。 文字通り、デアンジェリスファミリーのチョコスプレッドはスローフード。そのまろやかな優しい味を是非体験して下さい!